solitude

FXを始めてからの生活リズム





知っておきたいレバレッジのメリット・デメリット


 FX(海外為替証拠金取引)の特徴のひとつである「レバレッジ」。
日本国内での業者の場合、レバレッジの最大倍率は金融庁の規制もあり、25倍程度に留められています。
ところが海外業者を利用した場合にはこの規制が無く、レバレッジは非常に高い設定--例えば200倍といったものにも設定することができるのです。
レバレッジを高く設定すれば、数万円といった少額の軍資金しかなくても多額の取引を行うことが可能となります。

そのためハイ・レバレッジは「投資に使える資金が少ない人」にとっても「これから投資を始めたい人」にとっても、非常に嬉しい存在とも言えるのですが…
その分、その「リスク」についても考える必要が出てきます。

例えば手持ちの軍資金(証拠金)が5万円だったと考えてみましょう。
1ドル100円の時に5万円の証拠金で、100倍のレバレッジとすれば、たった5万でも500万円分(5万ドル分)を購入することができます。

ここで1ドルが2円分上昇したら、リターンは2円分×5万ドルで、一気に10万円。
ほんの少しの上昇でも、一気に大きなリターンを得られることがわかりますね。

しかし反対に、1ドルの価値が1円下落したとしたら、どうでしょうか?
1円分×5万ドル分、つまり5万円の損失ということになってしまいます。
せっかくの軍資金はこれであっという間にゼロ。
もしもレバレッジが200倍であったとしたら、さらなる損失が生まれてしまうことになります。

為替は常に動いていくものであり、短時間でも1円~2円といった変動が起こるケースはけして稀とは言えません。
レバレッジを高く設定すれば一気にリターンを掴める可能性は高まりますが、その分一気に損失が出るリスクも増加するのです。

ベテランのFXトレーダー達は、このリスクについてもちろん熟知しています。
一般的に30倍以上といったハイレバレッジに設定をする人は少なく、5倍~10倍程度のレバレッジに留めている人が殆ど。
多大な損失を生み出す可能性のあるハイレバレッジを避けて、確実性のあるリターンを少しずつ積み上げているのです。

「レバレッジ」というシステム自体を無闇矢鱈に避ける必要はありません。
前述したとおり、レバレッジはうまく使えば軍資金以上の取引が行え、リターンを増やすことができるシステムです。
このシステムが生み出すメリットとデメリットを考え、最も効率が良いと思えるレバレッジの倍率を見つけ出すことが重要になります。

では、「最適なレバレッジ倍率」とは…?
これは個人個人の軍資金の多寡や取引に取り組む時間、取引スタイル等によっても異なりますので、一概に「この倍率が良い!」と言い切れるものではないでしょう。

まずは低めのレバレッジで取引をスタートしてみて、様々な倍率を試しながら「自分にちょうど良い」と思える倍率を探していってみてください。
常に同じ倍率で取引をしなくてはいけない…といったルールはありませんから、その時々で倍率を変えていくスタイルを選ぶのも手です。

不安要素がある場合にはレバレッジを低めにしてみたり、「ここぞ!」という時にやや高めのレバレッジにしてみたりと、状況に合わせたレバレッジを選んでみましょう。
ただしいずれの場合にも、「早くリターンを得たいから」と焦って闇雲に高いレバレッジを設定するのは禁物です。

≪レバレッジ倍率を決める時のポイント:まとめ≫
1)トレンド予測に不安を感じる場合には、レバレッジはなるべく低めに設定する
2)確実性が高い予測の場合、予測に自信がある場合には、一時的に高いレバレッジでリターンを狙う
3)「早くリターンを」と焦ってのハイレバレッジは避ける

上記は一般的なレバレッジ倍率を決める場合のルールと言えますが、これ以外に「レバレッジを決定するマイルール」を決めておくのも良いですね。
マイルールを予め設定しておくことが、リスクを最大限に避け、堅実なリターンを掴むことに繋がります。

レバレッジのメリット・デメリットを知って上手にシステムを使いこなしていくことが、投資ビギナーが最終的に大きなリターンを得るために必要な第一歩と言えるでしょう。





損切りの大切さ

  • 損をしたくないからと損切りが出来ないでいると、時間的な損失をしてしまいます。損失を小さく抑えて、買いなおしていた方が結局利益に繋がるのに、冷静にトレード出来ないのであれば、自分のなかでルールを決めて、成行き注文や逆指し値で注文をいれておいた方が良いです。

  • 兎に角、最初は勉強だと思ってロスカットラインを徹底してロスカット貧乏になっても良い位の覚悟でトレードするべきです。もし、ロスカット貧乏になったとしたら、エントリーポイントが間違っているということです。