solitude

FXを始めてからの生活リズム





ヘッジファンドが相場に与える影響の大きさを理解しよう


sdiisdfi77 皆さんはフォレックスとは何か考えた事がありますか? 体験FXブログ等をご覧になる際、「モデル系の売りが見られた」あるいは「マクロ系の買い」などといった表現を極当たり前に見聞きされるはずです。しかしながらFXのことをほとんど何もご存知ない初心者の方には、このような表現は全く以て何のことやらチンプンカンプンなのではないでしょうか。

ここではそうしたマクロ系・モデル系などと呼ばれるFXにおけるヘッジファンドとは何なのか、説明してみたいと思います。ヘッジファンドが一体どんなものであるかが理解できれば、どんな人物たちが相場を動かしているのかを理解できますから、投資の上での敵を把握することに繋がります。ヘッジファンドのことを頭の片隅に置いて取引を開始するだけで、結果的に笑顔で取引を成立させられる可能性も高まってくるのです。

またヘッジファンドという名前の由来は、相場が下降を辿っている状況で投資資産が失われる危機を回避(ヘッジ)するため、空売りという手法を用いていたことにあります。もっとも、現在のヘッジファンドが手掛ける投資方法の中でもやはり得意なのは空売りであるこということには違いありません。また、空売りという言葉はFXの場合、まず最初に売りから始まる投資のことを意味すると考えれば理解しやすいはずです。

参照引用: オプション24.net

ヘッジファンドが得意とするストップ狩りとは?

このように見てみると、ヘッジファンドは買い相場よりも売り相場を得意としているのだという特徴が見えてくるはずです。また、ヘッジファンドはその得意の売り相場で個人投資家の運用資金を狙ってくるのです。

具体的にはこれでもかと売りを出して相場を引き下げ、個人投資家には持ち堪えられない「ストップ(逆指値)」のラインを狙ってきたり、その反対に買い注文を連発して相場を上昇させ、利益増大に乗り出したりといったことを行います。

おそらく多くのFX経験者は、自分が指定したストップのラインを超えてから一気に相場が好転した、こういった経験をなさっているはずです。こうした現象を「ストップ狩り」と呼びますが、ヘッジファンドの得意技はまさにこのストップ狩りなのです。

また、どのヘッジファンドの会社も個人投資家の運用資金獲得に乗り出すことには相違ありませんが、その獲得した資金をどのような形で運用するかは会社ごとに違いがあります。これは相場の分析方法がそれぞれの会社で異なるためです。具体的にはファンダメンタル分析が得意という会社もあれば、テクニカル分析専門という会社もあります。



損切りの大切さ

  • 損をしたくないからと損切りが出来ないでいると、時間的な損失をしてしまいます。損失を小さく抑えて、買いなおしていた方が結局利益に繋がるのに、冷静にトレード出来ないのであれば、自分のなかでルールを決めて、成行き注文や逆指し値で注文をいれておいた方が良いです。

  • 兎に角、最初は勉強だと思ってロスカットラインを徹底してロスカット貧乏になっても良い位の覚悟でトレードするべきです。もし、ロスカット貧乏になったとしたら、エントリーポイントが間違っているということです。