solitude

FXを始めてからの生活リズム





FXと株の有利性の違いについて


sdiis77dfi FX取引と株取引は似ているようで違うものです。株は会社が発行する株券を購入します。そしてその会社の業績が上がったりすると株価が上昇します。そこで最に買った株券の値段自体が上がるのでそこで売ります。そうして利益を得ていくのが株取引となります。それとは違い、FX取引は株券の代わりに通貨を買います。その通貨の相場が上昇したときに売るとそれが利益となります。こうして取引をしていくのがFXです。FXは売るだけでなく買うこともできます。いま話題性が高いのは、ハイローオーストラリアという業者さんです。

この「売る→買う」という取引は株にもありますが、株の場合には貸借銘柄の指定銘柄のみ、そして一般信用取引は証券会社指定銘柄のみの取引となるので、通常取引と同様に行なうことはできません。

株取引において、株価が上昇しているならば、株取引を普通に行いながら利益を出すことは十分可能です。しかし株価が下がっているときには普通に取引をしていては損をしてしまう可能性があります。FXは取引ならば円高・円安でも通常通りの取引を行えますので、株よりは自由度の高い取引が可能ということになります。

■初期投資金の違い

何事にも元手は必要です。株も外為FX取引、オプション取引も取引を行うには当然ながら元金が必要となります。それでは果たして、株とFXでは取引金額にどのような違いがあるのでしょうか。もし株取引を行なうとして、有名企業の株を買って取引を行なうとすると、100万円以上の元金が必要になるケースもあります。FXの場合ですが、FXは最低取引金額というのが業者によって決まっています。数百円からのところもあれば、100万通貨単位という業者もあります。FX取引を行なう場合には自分の手持ちのお金を合わせて決めるのが良いでしょう。

FXの特徴として「レバレッジ」があります。レバレッジというのは自己資金以上の取引を行うことができるシステムで、最大で25倍という倍率で取引をすることができます。株取引では多数の銘柄(3,000種類以上)から選ぶ必要があったり、会社四季報などで会社の業績を常にチェックしておかなければならないことがネックとなります。それに引き換え、FXで選ぶ通貨ペアは20種類ほどなので選択しやすい取引と言えます。FXの通貨ペアは多くても150種類ほどなので株よりは選択肢がないように見えますが、見方を変えれば値動きを考えながら取引を進めやすいものだと言うことができます。元手がそこそこあり、株を買う会社がすでに決まっている場合には株取引をしてみるほうが良いでしょう。





損切りの大切さ

  • 損をしたくないからと損切りが出来ないでいると、時間的な損失をしてしまいます。損失を小さく抑えて、買いなおしていた方が結局利益に繋がるのに、冷静にトレード出来ないのであれば、自分のなかでルールを決めて、成行き注文や逆指し値で注文をいれておいた方が良いです。

  • 兎に角、最初は勉強だと思ってロスカットラインを徹底してロスカット貧乏になっても良い位の覚悟でトレードするべきです。もし、ロスカット貧乏になったとしたら、エントリーポイントが間違っているということです。