solitude

FXを始めてからの生活リズム





自宅からほぼ24時間取引できるFX


sdiisdfi FXは世界の為替をほぼ24時間オンラインで取引することが可能です。インターネットに接続できるパソコンやケータイ、スマートフォンでご自宅でも外出先でも取引することができます。夜中でも取引が行われているので昼間はお仕事されている方でも、帰宅後に取引に参加できます。

数分と言った短時間でも取引を完結することができるので、あまり時間のない方でも取引しやすいです。そんなFXで利益を上げるには大まかに分けて2つの方法があります。それは為替差益とスワップポイントです。為替差益はリアルタイムで為替レートが変動していますので、円高に動くと予測したらロングを円安に動くと予測したらショートポジションを取ります。

思惑通りに為替レートが動いたら決済注文をだし利益を確定します。思惑が外れたら損切してきちんとリスク管理することが大切です。アジア時間、欧州時間、米国時間と時間帯によってあまり動かない時間、活発に動く時間とあります。あまり動かないのがアジア時間、活発になりだすのが欧州時間、一番活発になりだすのが欧州時間と米国時間が重なる時と言われています。

値動きが活発な時間帯のほうが為替差益を狙いやすいですが、それだけリスクも高まります。スワップポイントでは金利の高い国の通貨と金利の低い国の通貨との金利差分を受け取ることができます。為替差益は決済注文が約定されて初めて利益となりますが、スワップポイントは保有したまま持越しするだけで毎日付与されます。

金利差が大きいほど受け取れるスワップポイントが大きくなります。高金利通貨としてよく知られているのがハイローのオーストラリアドル、ニュージーランドドル、南アフリカランド、トルコリラ、ブラジルレアルなどです。日本の定期預金では超低金利でなかなか増えませんが、FXのスワップポイントは外貨預金代わりとしても魅力です。外貨預金同様、為替変動のリスクがありますので、せっかく受け取れたスワップポイント以上に為替差益で損することがあります。

逆にスワップポイントを受け取れた上に為替差益でも利益を得られることもあります。為替差益で損失を出してもスワップポイントで損失を穴埋めしてくれることもあります。スワップポイントは高金利通貨を売ると逆に支払いが発生します。通常は受け取りよりも支払いのほうがスワップポイントが大きいです。なぜ支払いのほうが大きいのかと言うとFX会社への手数料になっているからです。このため為替変動のリスクを回避し両建てしながらスワップポイントで利益を上げることは出来ません。



損切りの大切さ

  • 損をしたくないからと損切りが出来ないでいると、時間的な損失をしてしまいます。損失を小さく抑えて、買いなおしていた方が結局利益に繋がるのに、冷静にトレード出来ないのであれば、自分のなかでルールを決めて、成行き注文や逆指し値で注文をいれておいた方が良いです。

  • 兎に角、最初は勉強だと思ってロスカットラインを徹底してロスカット貧乏になっても良い位の覚悟でトレードするべきです。もし、ロスカット貧乏になったとしたら、エントリーポイントが間違っているということです。